空飛ぶBear Aviatorの世界へようこそ〜

夢を実現するパイロットの卵達と夢見るキャビンアテンダント&国際英語の世界へ

クエスト社のコディアック機 Over モアブ渓谷 in ユタ州

今日はちょっと軽快な舞台裏のシーン

コディアックと言う中小型機による空撮の模様が収められた動画です。

Pilot Outlook (Technician & Cabin Crew)@ Boeing Co.

上記TwitterはMiddle Eastのパイロット不足ですが、Linkが上手く接続できないみたいです。下記サイトでPilotの世界全体の予測が出ています。ご覧下さい。

http://www.boeing.com/commercial/market/pilot-technician-outlook/2017-pilot-outlook/

このWebサイトで、Cabin CrewのOutlook(予測)も出ています。(ちなみに整備士関係も)

 

Pilot and Technician Outlook 2017-2036
As global economies expand and airlines take delivery of tens of thousands of new commercial jetliners over the next 20 years, there is extraordinary demand for people to fly and maintain these airplanes.

★tens of thousands of : 何万という〜

Between now and 2036, the aviation industry will need to supply more than 2 million new commercial airline pilots, maintenance technicians, and cabin crew.

現在から2036年に渡り、航空業界は商用航空機パイロット、整備士及びキャビンクルー、200万以上の供給が必要である。

The 2017 Boeing Pilot & Technician Outlook, a respected industry forecast of personnel demand, projects that 637,000 new commercial airline pilots, 648,000 new maintenance technicians, and 839,000 new cabin crew will be needed to fly and maintain the world fleet over the next 20 years.

2017年のボーイング プログラム及び技術者予測で... 今後20年以上の世界の機材増加に伴い

637,000人のパイロット

648,0001の整備士

839,000人の客室乗務員

を必要としていると人員予測を出している。

Educational outreach and career pipeline programs will be essential to inspiring the next generation of pilots, technicians, and cabin crew.

教育の広範化や人材派遣の強化プログラムなどが、次世代のパイロット、整備士関係者及びキャビンクルーの輩出に欠かせないものであろう。

Early student engagement and defined aviation career paths will help expand the reach to new demographics.

早期の生徒のキャリアへの機会や航空従事者への明確な道筋が、新たの航空人口構成を拡大する手助けとなるであろう。

The growing diversity and mobility of aviation personnel will require instructors to have cross-cultural, cross-generational, and multilingual skills to engage with tomorrow's workforce.

更に増大する航空従事者の多様性と動きに、明日への機動性に対応する異文化間、異世代間及び多言語に精通した教官が必要になってくるであろう。

 

英語の習慣化の一環で目を通して見て下さいね。

フィンエアー 日本語を話せるFlight Crew募集

 

パイロット不足にしてCabin Crewの募集ですが、Tryして見ませんか ❓

益々のパイロット不足... Airline Pilots shortage

この頃は、パイロット不足の記事が目につきます。日本でも、ピーチ航空さんやこのエア ドゥさんもLCCパイロット不足が時折、波及して来ております。

又、CA (Cabin Attendants)さんも不足気味にという記事です。(Aviation Wire)さんのTwitterからご紹介します。

 

 

ボーイング、36年までのパイロット需要63万人 CAは83万人

By Yusuke KOHASE


 ボーイングは、2036年までの20年間で新たに120万人以上のパイロットや整備士が必要であるとの予測を、「2017年パイロットと技術者予測」の中で現地時間7月24日に発表した。今後20年で新たに必要とされる民間機パイロットが63万7000人(前年予測比2万人増)、整備士が64万8000人(3万1000人減)、客室乗務員は83万9000人(2万5000人増)と予測している。


 アジア太平洋地域のパイロット需要は世界全体の40%を占め、昨年より5000人多い25万3000人、17%を占める欧州では2000人多い10万6000人と予測している。前年は減少を見込んでいた中東を、5000人増の6万3000人と予測。前年は増加すると予測していた旧ソビエト連邦の構成国からなるCIS(独立国家共同体)諸国は、2万2000人に据え置いた。

 地域別の必要人数予測は下記の通り。(地域、パイロット、整備士、客室乗務員の順)

アジア太平洋:253,000人、256,000人、308,000人
欧州:106,000人、111,000人、173,000人
北米:117,000人、118,000人、154,000人
南米:52,000人、49,000人、52,000人
中東:63,000人、66,000人、96,000人
アフリカ:24,000人、23,000人、28,000人
ロシア/CIS:22,000人、25,000人、28,000人

 

今後もかなりの人員不足の波が航空業界に押し寄せて来ており、今の若き航空界に羽ばたく事を希望しいる方々には、絶好の機会です。

新しい世界、憧れの世界に挑戦しませんか ❓

お手伝いいたします。

kbcfii@aol.com (Kaz)までメールでまずはご連絡下さいね。

(注)私の最初のBlogに詳しく解説しておりますので、覗いてみて下さい。

http://bearaviator.hatenablog.com/entry/2015/08/14/044810

MCO(Orlando空港)のユニークな写真


A unique look at two hours of takeoffs from runway 36R. We average roughly 475 departures per day at MCO. 🛫 #facts
(c: Steven M.)

 

★MCO: 世界の空港の表示(ID)を示す3桁のアルファベット、各空港に固有に当てられている。この場合、オーランド空港(米国、フロリダ州)ディズニーランドのあるところです。

 

その空港の滑走路36Rからの2時間の離陸の様子を現したものです。MCOでは、1日に平均475回の離陸があります。

Boston Dynamics Robot Backflipping Atlas

おはようございます。

英語の朝の習慣化です。

今日は、びっくりするようなロボットの進化の話題で、最後の最後まで見て下さい。驚き‼️

 

 BOSTON DYNAMICS
Atlas, the hulking humanoid robot from Boston Dynamics, now does backflips.

Atlas (アトラス) ボストン ダイナミクス社の大きな人間型のロボットが、バクチュウ(後ろ宙返り)を今やれる様になった。

I’ll repeat that. It’s a hulking humanoid that does backflips. 繰り返します。バクチュができる大型の人間型ロボットです。

Check out the video above , because it shows a hulking humanoid doing a backflip.

上のビデオをご覧下さい。このロボットがバクチュウをやっているんです。

And that’s after it leaps from platform to platform, as if such behavior were becoming of a bipedal robot.

箱から箱へ飛び移った後、まるでその動きは2足ロボットであるかのようです。

 

エミレーツ航空のボーイング777のファーストクラス

英語の習慣化です。

Emirates unveils new Boeing 777 first class cabins

f:id:bear2249326:20171113132503j:image

Emirates President Sir Tim Clark says demand for first class remains strong.

エミレーツ航空の社長ティムクラーク卿はファーストクラスの需要は依然強いと語る。

By Bernd Debusmann Jr
Sun 12 Nov 2017 10:20 AM

 

Emirates airline unveiled a new Mercedes-Benz S-Class-inspired interiors for its Boeing 777 aircraft, including new 40-square feet first class private suites.

エミレーツ航空は、ボーイング777型機に新しいメルセデスベンツSクラスを彷彿とさせる内装を披露した。その中には40スクエアフィートのプライベートスイーツファーストクラスがある。

The new first class cabins on Emirates Boeing 777-300ER aircraft are 84 inches long, with sliding doors that reach up to six feet and nine inches high, with floor to ceiling windows and a 32-inch high-definition screen.

エミレーツ ボーイング777-300ER型の新ファーストクラスキャビンは、長さ84インチ、高さ6フィート9インチに達するスライディング ドア、床から天井までの窓そして32インチの高解像度テレビを有する。

Additionally, private suites in the middle of the cabin come equipped with “virtual windows” which project the view from outside in real-time, offering guests a view that Emirates president Sir Tim Clark said “looks better” than it would looking through the naked eye.

加えて、キャビンの真ん中にあるプライベート スイーツには、リアルタイムで外界を映し出せる"バーチャル ウインド(仮想の窓)"が装備され、エミレーツ航空の社長ティムクラーク卿曰く、生の眼で見ている様より更に良い景観の視界をお客様に提供するとしている。

 

 興味があれば更に、全記事をお読みください。