空飛ぶBear Aviatorの世界へようこそ〜

夢を実現するパイロットの卵達と夢見るキャビンアテンダント&国際英語の世界へ

Bilingualism in The Sky

f:id:bear2249326:20180222182802j:image

Pilot and Air Traffic Controller Communication in a Foreign Language

外国語におけるパイロットと航空交通管制官のコミュニケーション
Dr. Francois Grosjean interviews Dr. Bürki-Cohen

フランコ グロスジーン博士がビューキコーヘン博士にインタビュー

There are some 100,000 commercial flights each day in the world, which means that literally millions of interactions take place between pilots and air traffic controllers, very often in a foreign language since English is the international language of civil aviation.

世界で1日10万回のフライトがある、という事は、パイロットと管制官との間で何百万回という会話が交わされている。英語が民間航空の国際語になって以来多くの外国語での英語である。

This entails a special form of bilingualism as it is very domain-specific and has to be optimal at all times. How does it take place?

この事は、この英語が、特定言語のようにそしていかなる時も最適でなければならないので、2言語併用の特異な形態を生じさせる。これはいかに行われるのか?

How efficient is it? Are there breakdowns and if so, what are they due to? What still needs to be improved?

これはどのように効果的であるのか? 失敗はないのであろうか?、あるとすれば、何によって?どう改善すればいいのか方法はあるのか?

Dr. Judith Bürki-Cohen, formerly a senior scientist at the U.S. Department of Transportation’s Office of the Secretary, Research and Technology, has worked extensively on these questions.

ジュディスバーキ コーヘン博士、内務、研究、及び技術の運輸省室の主任科学者で、これらの質問に対し広範囲にわたり研究してきている。

What percentage of communication between pilots and air traffic controllers involves English as a foreign language for one or both parties, would you say?

パイロットと管制官の何パーセントが片方もしくは双方で外国語としての英語を使っているとお思いですか?

In non-English speaking countries, near 100 percent, because few air traffic controllers and only some pilots are native speakers of English.

英語圏の国々においては、ほぼ100%であり、管制官は殆ど、パイロットもわずかしか英語を母国語とする人はいません。

In countries where English is the official language, it will depend on the percentage of international flights or international student pilots. This will vary according to region.

英語が公用語とされている国々においても、その数は国際線フライト数や国際的な学生操縦士の数によります。地域によってもばらつきがあります。

Who is responsible for making sure that both air traffic controllers and pilots are sufficiently proficient to talk to one another in English?

管制官パイロット双方に英語で他方に話しかけるのに充分な技量を持っていると判断するのは、誰の責任でしょうか?

The civil aviation authorities in each country, which are affiliated with the International Civil Aviation Organization (ICAO).

ICAO(国際民間航空機関)に属する各国の民間航空行政局があります。

For all pilots and air traffic controllers, it requires proficiency in aviation phraseology.

全てのパイロット及び管制官に対し、航空用語における技量が要求されています。

Since March 2011, ICAO also requires general English language proficiency for pilots and controllers flying internationally or interacting with international flights.

2011年3月以降、ICAOは国際間を飛行するもしくは国際線フライトを行うパイロット及び管制官に通常の英語の技量をも要求しています。

 

なぜ今こんなことがまた言われているかと言いますと、なお今でも英語を満足に話せない国際線パイロットの存在が研究で明らかになったからです。

乗客はパイロットは全員、英語ができると思い込んでいらっしゃるみたいで、現実を知りません。

航空会社にとっては、英語ごときでパイロットが国際線フライトを出来なければ、会社の危機です。

従って、かなりのテストがその国に一任されているのが現状です。つまり今度は国が、各航空会社に任せているのです。日本も然りです。

言いたい事はお分かりでしょうか? 私もパイロットとして情けない限りです。ちなみに私は、アメリカのパイロットであり、教官であり、技量はパスしておりますが...

Retrofit Avionics Market Sees Strong Sales (改良された既存の航空機器市場に強い販売意識が)

Aircraft owners are making investments in new technology.

飛行機所有者は新技術に投資する。

 f:id:bear2249326:20180221174130j:image

With the 2020 ADS-B Out mandate rapidly approaching, and as more and more aircraft operators are realizing the benefits of advanced cockpit systems, an increasing number of owners are opting to add retrofit avionics systems to their aircraft.

2020年にADS–B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast:航空機搭載機器で、現在の位置と高度を発信するシステムです。航空機のカテゴリ情報、対気速度、識別、航空機の旋回、上昇、降下などを発信します。)の導入が法制化される日が急速に近ずいている、さらに、航空機運航者は、進化したコックピットシステムの恩恵を理解し、所有者の多くが近年、所有の飛行機に改良された電子機器を追加する傾向にある。

The Aircraft Electronics Association reported that there was a significant increase in the retrofit market.

航空電子機器協会(AEA)は、レトロフィット(改良型機器)市場に明らかなる増加が見られると報告。
In its 2017 year-end Avionics Market Report, AEA reported a total business and general avionics net sales figure of more than $2.3 billion worldwide.

2017年末の航空機器市場報告(AMR)で、総計でビジネス及び一般航空機器の純販売金額は、全世界で$2.3Billion越えたと報告している。

This figure includes components and accessories, hardware, batteries and product upgrades, but does not include repairs and overhauls, extended warranties or subscription services.

 この数字は、部品やアクセサリー、機器本体、バッテリー及び製品のアップデートを含み、修理やオーバーホール保証の延期や定期提供サービスは含んでいない。

 

以降の内容はあまり面白くないので、割愛しますが、お読みになりたい方はどうぞ...

 

This is the first time since 2014 that the industry has seen an increase in sales – in this case an uptick of 2.9 percent over 2016.
A total of $1.34 billion in 2017 represented retrofits to airplanes after original production, while $984 million accounted for forward-fit avionics (retrofit avionics installed by the aircraft manufacturer at the time of production). Actual retrofit installations saw an increase in sales of more than 20 percent. The companies that recorded the location of the sales reported that 73.5 percent of the retrofit sales took place in North America.

 

“Many avionics shops are telling us that aircraft owners are electing to order full-panel avionics upgrades rather than just the ADS-B equipment,” said AEA president Paula Derks. “It will be interesting to see whether the retrofit market continues to grow significantly in the next two years as the mandate draws closer.”
Tags: Avionics Aviation News ADS-B Mandate

Londonの New ATC Center

ロンドンの新航空交通管制システム、しかも空港内を離れ数マイル先に新しい施設で、離れてていて、航空機の進入、離発着を自由自在に運用することができるということです。

 

Safer, more effective and cost efficient - digital remote towers are revolutionising air traffic management. Find out more and take a step beyond the screen in our 360 degree tour.

安全で、より効率よく費用対効果も ー デジタルな遠隔地操作の管制塔が航空交通管制の革新的なものになっています。さらに詳しくは、360度のツアーをお楽しみください。

Airbus Debut

Airbus out ahead of Boeing's 797 with new jet

エアバス社はボーイング797に先駆けて新型ジェット機を発表
Airbus launched its much-anticipated A321LR on Wednesday. The plane took its maiden flight from of the European plane maker's factories in Hamburg, Germany.

エアバス社は水曜日に待望のA321LRを打ち上げた。機体は、ドイツ、ハンブルグにある欧州航空機製造工場から初飛行を果たした。

UA機 Emergency Landing (緊急着陸)

#ua1175 so glad we are all safe after our emergency landing.

United Airlinesの1175便が飛行中エンジンのカウルフラップが吹っ飛び、エンジンがむき出しのまま緊急着陸をしました。乗客全員は無事でありました。

 

この頃、事故が多発しております。

大事には至っておりませんが、どうした訳でしょうか...

英語の習慣化として、他の事故の記事も Titlesも読んでみましょう。

隙間時間に英語の情報を...

Latest Boston Robot

Boston Dynamics' latest robot can open a door and hold it while you walk inside.

ボストンダイナミクス社の最新ロボットの紹介記事です。

ボストンダイナミクス社の最新ロボットはドアを開けることが出来、あなたが中に入る間支えます。

(さらに後続の人もの物のためにドアを開け続けることが出来、その後、自分がドアの向こうに行きドアを閉められます。)意訳

 

どんどん進化するロボット、楽しみでもあり、少し怖い気もしますね。

動画をお楽しみください❗️

 

Air Taxi Startup Joby Aviation

 f:id:bear2249326:20180210201508j:image


Joby’s website says, “More than a billion people on planet Earth spend more than an hour a day in traffic.

ジョビィのウエッブサイトでは、”地球上では10億人以上の人々が、1日1時間以上交通機関に費やしている。”と言及。

Transportation emissions are one of the largest sources of pollution.

交通機関の排気は公害の最も大きな原因の一つとなっている。

” Thanks to the $100 million Joby just raised from a variety of investors, including the venture capital arms of JetBlue, Toyota and Intel, the startup might be well on its way to creating the safe, affordable and sustainable air taxi the company’s engineers have been dreaming of for a decade.

Jobyは、様々な投資家、ジェットブルートヨタインテルなどのベンチャー投資家を含み、$1億以上を集め、そのおかげで事業のスタートアップは、安全性、手頃な、持続性を生み出すジョビーの技術者たちが長年夢見てきた、エアータクシーは順調に滑り出した。
When added to earlier funding rounds, Joby now has approximately $130 million on hand to lead the development of the new air taxi.

先の資金調達ラウンドに加え、Jobyは現在、新しいエアータクシーの開発をリードするのに約1億3千億ドルを達成している。